音楽とともに気ままなブログ

暇さえあればピアノ弾いてます。

*** 最新記事 ***

Macの『テキストエディット.app』でHTMLソースを編集する方法

 

もともと入っているMacのアプリケーション

『テキストエディット.app』で、XHTML / HTML 形式の文書のソースを編集することが

できます。

 

通常、HTMLファイルをテキストエディットで開こうとすると、

リッチテキストファイルとして開かれてしまいます。

 

けれど、標準テキストで開く方法があります。

 

方法

 

「開く」のダイアログにある

「リッチテキストのコマンドを無視する」にチェックをいれます。

f:id:kapi_o:20160526174110p:plain

 

これだけです。

 

常に標準テキストで開くには

 

テキストエディットの「環境設定」の「開く/保存」タブで

「HTMLファイルを、フォーマット......HTMLコードとして表示」の

チェックボックスにチェックを入れます。

f:id:kapi_o:20160526173741p:plain

 

開くときの注意

文字エンコーディングを指定してから開くようにすると、

「自動」よりも解析に失敗する場合が少なくなります。

 

参考したサイト

inforati.jp